心臓・循環器内科

第3診療部長 阿部 秀樹

1.巨大組織の一歯車になるよりは、独立した一個の医療人に

 医師の道を志した原点に立ち返り、悩める病者を直接救済できる医師になって欲しいと思います。すべてが首都圏に集中し、地方の救急医療は壊滅的な打撃を受けている昨今、諸君のような優秀な若手医師の力が、地方にはぜひ必要なのです。置賜地区24万人の急性心筋梗塞の死亡率は現在約20%であり、東京都での死亡率の3倍に上ります。東京でなら救命できる命が、山形では救命できないというような不合理が許されるでしょうか?

2.卓越した医療技術と洞察力を持とう

 どんなに高邁な理想をもっていても、裏付けになる卓越した医療技術がなければ、実際に患者さまを救命することはできません。循環器領域でも、1977年、スイスでA.Gruntzigが世界で初めてカテーテル治療(PCI)に成功して以来、世界中に急速に普及し、本邦でも年間20万人の方が このカテーテル治療を受ける時代になりました。私の専門も、このカテーテル治療(PCI)であり、現在まで約7000例を経験、急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル治療(PCI)も約1000例の経験があります。冠動脈造影は、約3万例の自験例があります。私が現在までに得た技術とノウハウの全てを、後進の皆様に伝授したいと思います。

3.(財)三友堂病院 心臓・循環器内科の現況

 2007年4月より、三友堂病院 循環器科は、本格的な活動を開始しております。2007年4月~2008年3月の一年間に、CAG(冠動脈造影)547例、PCI 184例(緊急PCI 27例)、PTA 20例(CAS 4例)、恒久的ペース=メーカー植え込み29例を施行。初年度ですでに山形県下第2位の実績を上げています。心臓血管外科手術の適応患者さまは、東北随一の実績を誇る(財)仙台厚生病院心臓病センター(柳沼厳弥先生)と連携をとっております。2008年4月、日本循環器学会循環器専門医研修関連施設の認定を受けました。

4.後期研修スケジュール

 3年間の研修の間に、循環器専門医として必要な基礎的な技能を全て修得していただく予定です。心電図読影1000例、心臓超音波検査300例、冠動脈造影300例、恒久的ペース=メーカー植え込み30例、PCIの第一助手150例、IVUS 75例の実施を予定しております。その他、年間最低3題の学会、研究会発表、年間最低1題の論文発表をしていただく予定です。日本循環器学会循環器専門医試験、日本心血管カテーテル治療学会の認定医試験(実技試験)の受験を積極的に奨励いたします。その他、何か私どもでお役に立てることがございましたなら、いつでも対応いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。



PCIの風景

 

内科系医師によるカンファレンス