鈴木律子 他

2006年4月13日

財団法人 三友堂病院医学雑誌 Vol.6 No.1

原著

がん疼痛治療における「痛み外来」・「痛み教室」の成果
The effect of a pain clinic and a course of lectures on pain control for cancer pain relief.

三友堂病院看護部 鈴木律子、黒田美智子、吉田美代子、三浦信枝
三友堂病院薬剤部 大石玲児
三友堂病院外科 横山英一、川村博司
山形大学医学部附属病院麻酔科 加藤佳子

Key word:緩和医療、がん疼痛治療、症状コントロール、ペインクリニック、痛みの自己管理

要約

 患者が満足する痛みの治療を実現するために、平成16年4月に『痛み外来』・『痛み教室』を開設した。『痛み外来』では、痛みを訴えやすい環境作り、痛みの診断、疼痛調査票を用いての痛みの評価を行い、モルヒネを使用する上での基本や、「WHO方式がん疼痛治療法」についてパンフレットを使用して説明し、また、痛みは本人にしかわからないものであるという認識のもとで、「痛みの自己管理」について指導した。『痛み教室』では、患者、家族による痛みや治療についての正しい知識や、痛みの表現の仕方、薬の服用の時間を記録する習慣の体得、「痛みの自己管理」の大切さについての理解を導き、患者の啓発を図った。平成16年6月より平成17年5月までの1年間に、のべ151人の患者が痛み外来で診療を受けた。その結果、ほとんどの患者において身体的な痛みを解決できた。そして、この身体的な痛みの緩和により、不安や精神的苦痛も緩和された。また、病状や痛みの治療に対する理解が深まり、疾患と闘う姿勢を示すようになった。一方この患者の変化は、患者と医療者とのコニュニケーションの改善にも結びつき、医療者においても正確な診断、最良の治療を行おうという意識の向上や、チーム医療の充実などの大きな成果をもたらした。

01946

このページの
原稿・資料提供 (財)三友堂病院医学雑誌編集委員会