第4巻(平成15年10月)

画像をクリックすると拡大します。

サマリー

原著

裏表紙:笹野観音(真言宗)

所在地 米沢市笹野

第4巻(平成15年10月)

笹野観音は、大同元年(806)に弘法大師の高弟、徳一上人の開祖といわれています。その後、伊達氏・上杉氏により再建・修復が行われました。天保4年(1833)に火災に遭い、天保14年(1843)に上杉12代斉憲公により再建されました。本尊は千手千眼観世音菩薩です。
また、笹野一刀彫の里でもあり、特におたかぽっぽは有名です。境内には多くのあじさいが植えられており、通称あじさい寺とも呼ばれています。

※裏表紙の文献は、米沢市や置賜地区の観光案内ホームページより抜粋したものです。

02518

このページの
原稿・資料提供 (財)三友堂病院医学雑誌編集委員会