安孫子真 他

2006年4月13日

財団法人 三友堂病院医学雑誌 Vol.2 No.1

症例研究

上肢血管IVR(透析shunt IVR)用防護装置の作成
Radiation protection system for hemodialytic access interventional radiology.

三友堂病院放射線部 安孫子真、渡部保明、南俊市
三友堂病院放射線科 白玉美

要約

【目的】
 近年、当施設で増加傾向にある上肢血管IVR(透析shunt IVR)時の被曝低減を目的に防護装置の作製を行い、有用性を検討した。

【方法】
 管球カバーとI.I.フードからなる防護装置を考案し、空中線量測定を行った。X線照射中心から25cm間隔で測定位置を設定し、各位置で床上50cm、100cm、150cmの高さにて、防護装置を装着した場合としない場合の空中線量測定を行った。

【結果】
 防護装置使用では、50cmレベルでは最大で99%、100cmレベルでは最大73%、150cmレベルでは最大100%の低減率が見られた。

【結語】
 管球カバーとI.I.フードより構成される透析shunt IVR用防護装置は有用であった。

01592

このページの
原稿・資料提供 (財)三友堂病院医学雑誌編集委員会