今井家寿 他

2007年3月14日

財団法人 三友堂病院医学雑誌 Vol.7 No.1

原著

ODI-IVを用いたSASスクリーニング検査の検証
Inspection of the SAS screening examination used an ODI integrated value.

三友堂病院中央検査部 今井家寿、斎藤由紀、鈴木恵見子、須貝敦子、阿部高士、伊藤隆三
三友堂病院内科 仁科盛之、遠藤国勝、池田英樹

Key word: ODI-3、IDI-IV

要約

 PSGを施行した200名を対象に、AHI、ESSとPSGのSpO2から算出したODI-3、ODI-IV(仮称)について、SASスクリーニング検査として簡便に評価できる方法を再検証した。AHIとESSは相関がなくESSのみをSASの疑いの評価に用いることは危険であることが示された。AHIとODI-3の関係ではODI-3は、desaturationの回数のみを見ていて、その程度は考慮されていない。そこで、回数だけでなく、desaturationの程度を加味した、ODI-IVを算出することにより偽陽性・偽陰性を減らすことができると考えられる。

01766

このページの
原稿・資料提供 (財)三友堂病院医学雑誌編集委員会